お金を稼ぐ方法はさまざまだからこそ流行の兆しを見せる7秒ムービー

お金お金を稼ぐ方法は色々あります。
お金を稼ぐために仕事をしているわけです。ですが、そうしたお金を稼ぐために必要な仕事の中には非常に豊富な種類があります。

工事現場で工事をするのも仕事ですし、料理店で料理をしてお客に提供するのも仕事。企画書などの書類を作成するのも仕事ですし、お掃除したりするのも立派な仕事です。こうしたメインの仕事のほかに副業を行う人もいることでしょう。

副業を本業とは別に行うことで、効率的のお金を稼ぐことができるようになります。ただし、副業は本業にプラスアルファで働くため、労働時間が大きく増加することにもつながります。そのため、副業をしたいと考えていても、なかなか難しいという風に考える人もいます。

本業と同様に副業も現在では多様化しており、昔ながらの内職と呼ばれるような軽作業を副業にすることもできますが、現在ではそうした軽作業は日本国内よりも海外で行う方が人件費を抑えられるということで、海外に発注する企業も増えており昔ながらの内職の数は以前に比べると非常に減ってきています。

クラウドソーシングの台頭

ノートパソコンを操作する女性パソコンとネット環境の普及によってネットを通じて副業を行うという人が非常に多くなっています。

クラウドソーシングなどと呼ばれるサービスは、そうしたネットを通じて企業と労働者を結び付けてくれるサービスになります。

このクラウドソーシングのサイトに企業、働く人それぞれが登録して、企業は仕事を依頼し、働く人は企業が依頼している仕事の中から好きなものを選んで働くといったことが可能となっています。こうしたクラウドソーシングを利用して、企業と直接契約を結ぶという人も非常に多くなっています。

このクラウドソーシングでは、以前までの内職とは違って、webサイトのデザインや、ソフトウェアの設計、システム開発などの専門的な仕事だったり、ブログ記事のライティングやアンケートへの参加だったりの簡単な仕事があります。

自分の能力に合わせた仕事を選べるということから、主婦の方から働きたくても働けないという方まで幅広い方に人気となっています。また、専門的な技術や知識、経験を持っていても、現役から引退しているという方でも再び、仕事に返り咲くキッカケにもなっています。

クラウドソーシング以前の副業

投資で成功クラウドソーシングを利用した副業は多くの人に利用されるようになっていますが、その前に流行していた副業というのが、FXや株式への投資でした。

特に、FXなどでは少額の予算でもスタートできる上、得られる収入面の方が非常に大きいため、絶大な人気を誇りました。

しかし、このFXや株式投資の場合は収入面が大きくなる半面、損失が発生した場合の額も収入と同様に大きくなってしまうため、投資に失敗して資産を失ってしまうという方も少なくありませんでした。投資はメリットも大きいですが、デメリット部分も大きいため一気に流行はしましたが、クラウドソーシングの登場によって縮小していったのです。

クラウドソーシングの副業の場合は、働いた分の金額を手にすることができるだけでなく、働いた分の収入は確実に得ることができ、損失が発生するという可能性も完全になかったのも、大きな魅力だったと考えられます。当然、クラウドソーシングは通常の仕事を自宅などで行うのと変わりがないので、初期投資の予算も全く必要ないのも魅力だったといえます。

投資が必要

FXや株式投資の場合は収入を得るためには、何よりも投資することが必要になります。そのため、投資するための資産を持ち合わせていなければ、投資というスタートラインに立つことすら許されなかったのです。

元手も必要なく、だれでも気軽にスタートできる。そうしたことからクラウドソーシングは絶大な人気を現在も誇っています。そうした数ある副業の中でも、最近特に注目を集めるようになっているのが動画を仕事にするものです。

写真を撮影して仕事にするというのは、今では多くの人が行っています。ストックフォトと呼ばれるようなサイトでは、写真を撮影して登録することで、購入希望者がいれば、写真を販売できるため手軽にカメラマンとして活動することができるため、多くの人に利用されています。

流行の波が変化している

動画の時代にしかし、高速回線の普及やカメラ技術の向上により、写真から動画へとその波は移り変わりつつあります。動画を撮影してお金を稼ぐことができる時代になっています。

また、この動画の仕事は登場したばかりの仕事ですので、働く人がまだまだ少なく一気に稼ぐといったことも不可能ではありません。

こうした時代の流れを敏感に察知し、その流行の波に乗る。それこそが、多くのお金を稼いでいくためには必要不可欠といえるでしょう。

画像から動画へと時代が流れている今だからこそ、写真の撮影を仕事にしているという方こそ、動画の撮影へとシフトしていくべきともいえるでしょう。

昔からある仕事で稼ぐというのもいいですが、そうした仕事の場合は、どうしても稼げる額が増えるというよりも下がっていくということが基本となってしまいます。多くの人が仕事をするようになり、需要に対して供給が大きくなっていけば、写真の販売価格は低下の一途をたどるわけです。

新しい仕事で一気に収入が向上することも

しかし、新しい動画の仕事にシフトすることで、需要の方が上回っている状況になるので、稼げる額が一気に向上するということも珍しくありません。写真撮影を副業としていたけど、動画の撮影が自分にできるかわからないという人もいるでしょう。

ですが、そうした部分はあまり気にする必要もありません。誰もが初めてはそういうものですから、人の少ない今のうちに経験や知識を積み重ねていくことで、流行して人が多くなったとしても効率的に稼ぐことができる仕事となるわけです。

そんな、動画を撮影するのを仕事にしてくれるのが「7秒ムービーマネー」です。
このサイトでは、この7秒ムービーマネーについて詳しく紹介していくので、これから仕事を始めようという方は是非お役立てください。
今は、仕事をしていないという方、仕事をしたいけど見つからないという方でも無理なく簡単に仕事をスタートしていただくことができるようになっているので、まずは始めてみましょう。

7秒ムービーマネーとは?

食事のシーンを撮る女性動画を仕事にできる「7秒ムービーマネー」は、その名の通り、動画をお金にすることができる副業になります。

動画といっても、専門的な動画が必要になるというわけではなく、だれでも簡単に撮影することができる動画がメインとなります。難しいことは何もなく、動画を撮影していく中で知識や経験を積み重ねてより良い動画を撮影するといったことも可能となります。

7秒ムービーマネーで撮影するものは非常に簡単。どこにでもありふれているものですから、このために特別な場所に足を運んで動画を撮影しなければならないという手間も全くありません。簡単な動画の撮影で稼げるといっても、その動画を撮影するために遠くまでなん十分もかけていくとなれば、それだけで大変になってしまいます。

しかし、7秒ムービーマネーで撮影する動画は、毎日の食事だけで問題ありません。朝食や昼食、夕食の動画を撮影するだけで、簡単に収入を得ることができます。食事の際にちょっと撮影するだけなので、わざわざ撮影しに何かをしなければならないといった手間や面倒が完全に排除されます。そのため、非常に効率的に収入を手にしていくことができるようになっています。

たった7秒だけでいい

7秒撮るだけでいい動画を撮影する時間も非常に短いので、食事の前に撮影しても食事が冷めてしまったりなんて言うこともないので安心です。7秒ムービーマネーを始めることで、毎日の食事の時間が食事を楽しむだけの時間から、お金を稼ぐ時間にもなるわけです。

普段の生活の中に副業を紛れ込ませるということは、実は非常に難しかったりします。通常の仕事の場合は、仕事をする場所や仕事の道具が決まっていますし、考えなければならないことも多かったりします。

また、仕事の時間も長いのが基本ですから、日常生活の中に組み込むことがほぼほぼ不可能なのです。

しかし、この7秒ムービーマネーでは朝食の前に朝食の動画を撮影するだけ。撮影時間は数秒でいいわけですし、スマートフォンなどは普段から持ち歩く人とがほとんどですし、それは屋内でも同様だと思います。ですから、家での食事の前に少しだけ動画を撮影する手間を加えるだけで、収入を大きくプラスさせることが可能です。

夢のような現実

そんな夢のような仕事があるわけないと考える人もいるかもしれません。

しかし、実際に仕事をしてみることで、それが現実であると衝撃を受ける方も少なくありません。まだまだ世に出て間もないビジネスであることから、疑うということもあるでしょう。

特に、実際にビジネスをしている人の数が少ないがゆえに、そうした傾向は強くなります。実際にビジネスをしている人が多くなれば、その分自分の稼ぎが少なくなっていくという可能性もゼロではありません。その上、稼げるうちは少しでも多く稼ぎたいと考えるのが人というもの。
それ故に、簡単でお得なビジネスであればあるほど、その噂も流れづらくなってしまうというわけです。

安心感との天秤

多くの人から高い評判の仕事は安心できますが、その分だけ得られる収入の額も相対的に下がると考えましょう。

最近スタートしたばかりの仕事は、その分やる人が少ないので、頑張れば頑張った分だけ収入を得やすいので、迷う前に始めることが時には大切になります。もちろん、そうして失敗してしまうこともあったりしますが、そうした失敗も一度の成功で大きくまくり返せることも少なくないので、上手に仕事を選ぶようにしましょう。

納得した上でのスタート

どのような副業にも言えることですが、納得して始めるということも大切です。

納得もあまりできない状態で仕事をスタートしても、意味がありませんし失敗したときの効果も非常に大きくなります。また、成功しても心から喜べないということもあるでしょう。動画のビジネスは始まったばかりであるがゆえに、判断材料は少ないかもしれません。
ですが、そういうときこそ、思い切りも必要になるわけです。

食と物

トルコライス人が生きていくうえで、食事は欠かせないもの。1日1食という人もいれば、1日3食の人もいるでしょう。3食以上の人もいるかもしれません。ですが0食という人はいないのです。

人が生きていくうえで食事は欠かせないものですから、その食事の時間を楽しみの時間に変えるとともに、働く時間に変えることで非常に効率的に働くことができるようになっています。

仕事という印象がこの7秒ムービーマネーでは強くないのも良い点だといえるでしょう。通常の仕事の場合は、どうしても面倒になったりしますが、動画の撮 影だけでよくそれこそ数秒ですむので継続も容易になっています。

さらにこの7秒ムービーマネーを活用して収入を得ることで収入のバイバイゲームを疑似的に楽しむこともできます。

最初は普段通りの食事ですが、その食事をムービーに収めて収入化することで食事にかける費用をムービーマネーで上乗せしていけるようになります。費用を上乗せし続けることで、毎日の食事の水準を継続的に高めていけるようになります。

回数には気を付ける。食事の動画が、そのまま収入になる7秒ムービーマネーですが、収入になるからと言って食事を1日に何度も摂るようなことになってしまえば、健康的な部分で問題が生まれてしまいます。食事を作ったり買いに行ったりする手間も相対的に増えることになるので、あくまでも、普段する食事のついでに動画を撮影するぐらいのスタンスで仕事を進めることが肝心です。

そうすれば、負担にならずに気軽に収入を手にしていくことができます。

好循環で回り続ける

7秒ムービーマネーの最大のメリットは毎日の食事を収入に変えていくことができること。
そうして得た収入で食事をグレードアップして、さらに動画を撮影するようにすれば、倍々ゲームのごとく、自らの生活水準を向上させていくことができるようになります。
普通では、そうした好循環を自ら作り出すことは非常に難しかったりしますが、この7秒ムービーマネーでは、そうした好循環を作り出すための基盤が確立しているため、誰が初めても簡単にその波に乗ることができるようになっています。
自分で、その波を生み出すためにもまずはスタートしてみることが肝心です。

始め方→流れ

スマホを持っている男7秒ムービーマネーを副業として収入を得る。実際に始めて収入を得るためにはどのようなことが必要になるのでしょうか。ここでは、始め方から作業の流れについて紹介していきます。

7秒ムービーマネーを始めるうえで、必要になるものそれはスマートフォン。それだけです。

スマートフォンを持っていればだれでも始めることができるので、始めるために特別な道具を準備したりする必要はありません。専門的な動画を撮影するためのビデオカメラなども全く必要ないのです。そのため、誰でも簡単かつ気軽に始めることができる副業といえるでしょう。

何も準備する必要がないため、始めようと思った時が絶好の始めるタイミングになります。色々と始めるために必要なものがある場合だと、それらを集めるために苦労しますし、集めるのが面倒となってしまって始められずにいるということにもなってしまいます。

しかし、この7秒ムービーマネーではそうした心配を完全に解消してもらうことができるようになっているので、気になったら考えるより始めて見るのがおすすめです。

あとは動画を撮るだけ

始めたあとは、ムービーの撮影を続けるだけ。当然、撮影時間も数十秒だけでいいので撮影が面倒になることもありません。

急いでいるときに何分も動画を撮影しないといけないとなると大変ですよね。撮影する被写体は朝昼晩の食事だけなので、スピーディな撮影も可能です。

特に、朝の忙しい時間などに朝食の動画を優雅に撮影する余裕がないという場合もあるでしょう。そうした場合でも、食べる前に数秒ムービーを撮影するだけであれば負担も最小限。それで収入がプラスになるわけですから、非常に大きなメリットだといえるでしょう。

朝と夜だけで大丈夫

朝食当然、すべての食事を撮影する必要もありませんので、朝と夜だけであればそれだけの撮影で済みます。

また、撮影のために気合を入れて食事を作るといったことも必要ありません。毎日忙しくて、自炊する時間がないという方もいらっしゃるでしょう。自炊したいけど、料理が苦手という方もいらっしゃると思います。

ですが、そうした方もご安心ください。この7秒ムービーマネーでは自分で作った食事の動画しかダメということはありません。お店の食事の動画でも問題ありませんし、チェーン店の食事のお持ち帰りで自宅に持って帰って自宅で撮影することも可能です。そのため、外で食べることが多い方でも安心です。

ただし、外食先でムービーを撮影する場合には、お店に動画撮影の許可をいただくようにしましょう。お店によっては、そうした動画の撮影を禁止しているということもあります。他のお客に迷惑が掛かる場合もあるため、そうした部分への配慮は忘れることのないように撮影することが大切です。

また、食事の回数が多い場合には、その分ムービーを撮影するチャンスが増えるということでもあります。食事にこだわらず、おやつなどの動画を撮影することも問題ありません。

そのため、朝昼晩とおやつの4食分の動画を撮影することもできます。夜食なども含めるとそこから更にプラスになってくるので、日常生活の中に、ムービーの撮影チャンスは非常に多くなっているといえます。

食事をするたびに収入を手にすることができるようになると考えると、食事を沢山とりたくなりますが、あくまで普段の生活の中に組み込むようにしましょう。

食事のしすぎで体調に異常をきたしてしまえば意味がありません。食べ過ぎは当然、肥満のもとになってしまうため、収入をより多く得るためとはいっても、無理に食事の回数を増やすというのはお勧めしません。一定のリズムで毎日過ごすことがポイントとなります。

家族みんなで動画を撮影するようになれば効率的

家族逆に食事の回数を増やすような場合には、1回の食事を減らして総合して摂取する食事量を同じような形にすることが必要です。

始め方は、何も難しいことはなくやることも食事の前に数秒のムービーを撮影するだけ。たったそれだけのことで収入を得ることができます。得られる収入も、多い人では月に数十万円と本業で稼げる額よりも大きく上回る人もいます。本業でどれだけ頑張っても、あまり収入が増えないという方の強い味方になってくれることは間違いないでしょう。

また、こうした動画を撮影するだけの副業は本業のほかに副業としてスタートすることも可能ですしこれを本業とすることも可能です。

例えば、専業主婦の方や出産を機に仕事から離れて仕事へ復帰できないという方、フリーターで仕事が見つからずにいるという方まで、誰でも気軽に始めることができるのも魅力です。副業とは思えないほどに、収入になる金額も高いので家計の足しだけでなく立派な収入源として機能してくれます。

家族みんなで動画を撮影するようになれば、その分収入を得られる機会が多くなるということで、非常に効率的です。

動画の撮影はこだわればこだわるほど、大変なものになっていきますがこだわる必要もなく、気軽にSNSなどに上げるような感覚で始められ、実際に収入を得ることができるようになっていくので、副業を始めようと考えている方は是非一度お考え下さい。

本当に稼げるかどうか

お金を稼ぐ7秒ムービーマネーを実際に始めて、本当に稼ぐことができるのか?誰もが同じようなことを考えるのではないでしょうか。実際に私自身もそうでした。

しかし、この7秒ムービーマネーでは、実際に稼ぐことができるようになっています。

インターネット技術の向上は日々進化しています。ネットが登場した頃、ウェブサイトはテキストベースで何かを伝えるというのが基本でした。しかし、高速通信技術が発達することでデータ量の大きな画像で伝えることができるようになりました。

テキストで書かれた文章よりも、画像の方が直感的に相手に伝わりやすい。そのため無料の画像素材サイトは非常に大きな人気となったわけです。

しかし、無料の素材や有料の素材でも限界がありました。そこで白羽の矢が立ったのが一般の人でした。携帯電話やスマートフォンの進化によってカメラ機能が搭載されるようになってから、写真をどこでも撮影するというのは当たり前になっています。

そうして撮影した写真を登録し、販売するストックフォトというサービスが一気に広がりました。

写真から動画へ

自撮りする女性今も、その人気は衰えることなく続いていますが、徐々に下がってきている現状があります。そこまで大きな人気を誇っていた写真の人気が下がってしまったのが動画の登場です。

静止画の画像よりも動画の方が相手に伝える情報量が多いことから、ウェブサイト上にも画像よりも動画を掲載するサイトというのは非常に多くなっています。しかし、動画を掲載するためには動画を撮影する必要があります。

普通に動画を撮影する場合には、本格的な機材やスタジオなどが必要になるためちょっとした動画を掲載する場合には、出費が非常に大きくなってしまいます。そこで、ストックフォトと同様のサービスが登場したのです。

7秒ムービーマネーもこのストックフォトと同様だと考えると非常に理解もたやすいかと思います。高い需要があるため、現在は完全なる売り手市場となっているため、動画を撮影することでいともたやすく収入を手にすることができるわけです。

このサービスも、ストックフォトと同様に動画を撮影する人が増えればその分収入が下がっていくことも予想できます。しかし、サービスがまだ少なく動画を撮影する人も少ない今はすぐに買い手が付く上、動画撮影の経験や知識を身に着けることも容易です。

ストックフォトでも同じですが、やはり人気の人は今も人気を保ち続けて書い手も非常に多いです。すでに、そうした人気の人が多い場所に新しく飛び込んで人気を得るというのは難しいですが、まだまだ未開の動画であれば人気を得ることも、写真に比べて容易です。人気になってくれば、収入の方も安定していきますし、増えても行きます。

これが理解できれば、稼げるのは当然だというのも簡単にわかります。

月の収入は12万円

増えるお金実際に私がこの7秒ムービーマネーという副業をスタートした月の総額で得られた収入は12万円でした。初めて動画を撮影するような私でさえ、毎日簡単な動画を撮影するだけでここまでの収入を手に入れることができました。

最初は本当かどうか疑っていましたが、実際にその現金を手にして、現実であることを思い知りました。月間で12万円ということは、時給に換算してみると毎日の3食の動画を10秒程度と考えると1日で30秒。それが、30日で900秒の15分。

たったの15分で12万円を得ることができているわけですから、時給換算すると60万円というとてつもない数字になります。とはいっても、食事の動画を何時間も色々撮影するのは難しいですし、それこそ動画の撮影が仕事のようになってしまうので続きません。

あくまでも、毎日の生活の中に簡単に溶け込ませることができるため、長く続けることができることも、稼げる要因だといえるでしょう。

早いうちから始めた方が優位に

仕事を優勢に進められる大変なことだと、1日こなすことはできても、それを継続して続けていくことは非常にハードです。しかし、この7秒ムービーマネーでは、1日最大で30秒の時間動画を撮影するだけ。

難しくない上に、面倒なときは休んでも問題ありませんし、一食分だけ動画を撮影するだけでも問題ありません。

おやつや夜食を追加して、さらに沢山の動画を撮影したり、休んだりとフレキシブルに働くことができるため、必ずこれだけしなければいけないといったノルマもないので、やらされている感が生まれないのも続けられる要因と言えるでしょう。

まだ、始まったばかりの7秒ムービーマネーですが、今後は人も増えていくことが予想できます。早いうちから始める方が、経験値を沢山得ることができ、優位に仕事を進めることができるようになるため、始めるタイミングとして今こそ絶好だといえるでしょう。

実際に働いている感覚などほとんどないのに対して、得られる金額は月収の1/3となれば、びっくりするのも当然でしょう。多い人は、さらに多くの額を稼ぐということですからさらに驚きました。

比較して考えてみよう

ユーチューバーが歌ってみた7秒ムービーマネーを始める場合に考えることと言えば、やっぱりどういう副業が稼げるのか?ということだったり
動画系副業として、今人気になっているYouTubeなどのサイトを利用した場合との違いでしょう。

実際に、副収入を手に入れる方法として、YouTubeを利用するという人は少なくありません。
ですが、今からそうした副業を始める場合には非常に不利になります。
YouTuberと呼ばれる職業が登場していることからもわかるように、動画撮影を行い投稿して、広告収入を得たりするというのはれっきとした一つの職業になっています。
それゆえに、専門的に動画を撮影して編集したりする技術が必要不可欠。
当然、動画を撮影するわけですから、毎日撮影をして投稿するのは当たり前ですし、撮りだめをしようにもタイムリーな動画の方が人気になりやすいので難しかったり。
また、動画を投稿したとしても、人に見てもらえなければ意味がありません。
動画の再生回数などが収入に直結してくるため、多くの人に面白いと楽しんでもらえるような動画を毎日考えて撮影し、編集して投稿する。
これは、副業として行うには非常に困難と言っても過言ではありません。
他に仕事をせずにYoutuberとして働く人が増えていることもそうした背景を物語っています。
単純に趣味として動画を撮影して投稿する。それを見てくれる人がいてわいわいと楽しむ程度であれば、Youtubeは良いでしょう。
ですが、副業としてお金を稼ぐということを念頭に置いた場合には、7秒ムービーマネーの方がより簡単で効率的にお金を稼ぐことができます。

効率的に稼ぐためのコツ

撮影する女子7秒ムービーマネーでお金を稼ぐうえで、大切なのは動画撮影のコツを把握することです。
色々なコツがありますが、そうしたコツを一つでも把握しておけばより簡単に稼ぐことができるようになるでしょう。
普通に撮影するよりも、良い動画を撮影することができるようになるのでとても効率的です。

動画撮影のコツが沢山ある中で、最も大切なのが固定して撮影することです。
特に7秒ムービーマネーは非常に短い動画を撮影することになるので、ブンブンカメラを振り回すように移動させてしまっては非常に見づらい動画になってしまいます。
ですから、最初は動画を撮影するときは三脚などを購入して、カメラを固定した状態で撮影するだけで問題ありません。
カメラを固定させることによって、手ブレなどを防ぐこともできますし見る人も疲れない動画を撮影することができます。

また、動画撮影をする上で大切なこととして、構図があります。
7秒という短い時間ではありますが、構図は非常に重要です。構図を変えるだけで何を伝えたい動画なのかというのも違ってきます。
構図は沢山ありますが、撮影するものを中心に置きながらファインダーを分割して考える「3分割方」が簡単でキレイに撮影できるでしょう。
撮影時間は7秒なので、撮影しながら構図を色々考えるのではなく、先に構図を決めてから一気に7秒撮影をする方が綺麗な動画が撮影できることが多いです。
長い時間動画を撮影して、良さそうな部分を切り取って7秒にするという方法もあります。
ですが、その方法では編集の手間が増えますし、前後のつながりが悪くなってしまう上に、7秒の中で飛び飛びになってしまうと全く意味が分からなくなることもあります。
故に、そうしたことになるのを避けるためにも、構図はしっかり決めたうえで撮影を行いましょう。
あらかじめ構図を決めてしまえば、撮影は非常にスムーズに進めることができますし、ピントを合わせるべきポイントなども把握しやすくなるでしょう。

最後のコツとしては、光でしょう。
食事の動画を撮影するわけですから、明るいところで撮影する方がよりよくなります。
薄暗いところで撮影してしまうと、どれだけおいしい料理であっても、あまりおいしそうに見えなくなってしまったりします。
そうなってしまえば、収入額にも響いてくる可能性が出てくるので、照明などにも気を配るようにしましょう。
だからと言って光を当てすぎてしまえば、逆に色が飛び過ぎてしまっておいしそうに見えなくなってしまう場合もあります。

程よい明るさを保つためには、電気だけではなく光の反射なども考慮しておきましょう。
レフ板なども、今では100円均一で購入できるものを組み合わせるだけで簡単に作れるので、そうしたものを一つ準備しておくと、よりきれいな動画を撮影できると思います。

このように、動画を撮影するためのコツは色々とあるので、一つのコツを実践するというのでもよいですが、色々なコツを組み合わせてより良い動画を撮影して収入を増やしていきましょう。